東京・原宿・表参道エリアのレンタルスペース/コワーキングスペース

TURN harajuku

EVENT

終了しました 12/6火 19:00-21:00

「考える種を蒔く人」第5回
仕事のオファーが絶えない4人のクリエーターに見る
ウェブ・セルフ・ブランディングの法則
語り手:佐野 彰彦(株式会社それからデザイン代表)

「デザイン(Design)」には、グラフィックやWebや服飾などをビジュアルとしてデザインする意味の他に、立案する、構想する、計画するという意味があります。 TURN harajukuにてマンスリー開催するトークイベント「考える種を蒔く人」は、「デザイン(Design)」の意味を広く捉え、新しいビジネスを生み出している人、クリエイティブな発想で活躍している人をゲストにお呼びし、これからのデザインの在り方を共に学んでいきます。

第5回となる今回は趣向を変えまして、私、それからデザイン代表の佐野彰彦が、これまで登場いただいた4人のクリエーターの仕事を振り返りながら、ブランディングの在り方や法則について解説していきたいと思います(過去の回に参加していない方にも分かる内容でお話していきます)。

第1回のゲスト佐々木拓人さんは、グラフィックデザイナーでありながら、人気のDIYプロダクトを企画製造販売するユニークなクリエーター。佐々木さんの「デザイナー的視点の商品開発力」は、新規事業を計画する多くの人のヒントになるお話が満載でした。

第2回のゲスト綱島伸さんは、ヘアスタイリストでありながら全国の美容室のコンサルティングも手がけるなど、幅広い活動範囲を持つクリエーター。綱島さんの提案力は、多くの顧客を惹きつけるほか、自身のセルフブランディングの考え方においても興味深い話がたくさん聞けました。

第3回のゲスト守山菜穂子さんは、ブランドコンサルタントとして、国内外 約1,000社の企業と、ブランディング・ビジュアル構築のプロジェクトを行っています。企業とデザイナーの間の「中立的な立場」から、企業のデザイン活用を支援する新しい職能は、これからのビジネスの在り方を考えさせられる貴重なお話でした。

第4回のゲスト栗原規男さんは、フランスのプロヴァンス地方に広がる美しくも深い歴史を持つ風景をモルタル造形という技術で再現する空間デザイナー。デザインとアートの両面を大切にした情熱的なものづくりの姿勢は、仕事を楽しむことからはじまる力強いブランドづくりを感じることができました。

この4名はみなさん、常に仕事のオファーが絶えない人気クリエーターですが、語弊を恐れずにいえば、誰もが知っている有名人というわけではありません。マスメディアに露出しているわけでもなく、派手な広告をしているわけでもありません。それでも、営業や仕事の売り込みをすることなく、「◯◯◯さんにお願いしたい!」という仕事のオファーが絶えません。顧客ではなく、ファンを獲得し、信頼を勝ち得ているクリエーターといえます。なぜそのような状況をつくり出すことができているのか?

4人の活動に共通することは様々ありますが、そのひとつは、ウェブサイトやSNSの積極的な活用です。自らの新しい活動やクリエイティブな仕事を、インターネットを通じて積極的に発信することで、セルフ・ブランディングともいえる本質的なファンづくりを実践されています。

その裏側にある法則を、ウェブブランディングの専門家である私、佐野の視点から紐解き、お話してみたいと思います。ウェブを活用して、自らのビジネスをブランド化していきたい方は、ぜひ遊びにいらしてください!

【イベント概要】
日時: 12/6(火)  18:30開場 19:00開演
料金: 一般1,500円/学生1,000円(1ドリンク付き)
定員: 30名

■「考える種を蒔く人」第5回
仕事のオファーが絶えない4人のクリエーターに見る
ウェブ・セルフ・ブランディングの法則
語り手:佐野 彰彦(株式会社それからデザイン代表)

クービック予約システムから予約する※クリックすると「CUBIC」予約システムサイトに移動します。


【語り手】

佐野 彰彦(さの あきひこ)
株式会社それからデザイン代表/ブランドデザイナー

明治大学理工学部数学科卒。株式会社それからデザイン代表。
企業・事業・商品・サービス等のブランドをつくるデザイナー。ブランド戦略から、デザインワークまでを一貫してプロデュースするコンサルティング型のデザイナーとして活動している。ウェブデザイナーとしてキャリアをスタートさせた後、現在は、ブランドコンセプト、ネーミング、ライティングのコピーワークから、CI/VI、ウェブ、グラフィック等のアートワークまで手掛け、クリエイティブの活動領域は広い。10年間で250以上のウェブサイトを制作してきた経験から、「ブランディングの最重要ツールはウェブサイトである」という考えに至り、ウェブコンテンツの企画メソッド「3S6G法」を考案。ウェブサイトを軸に展開するブランディング手法を「ウェブブランディング」と名付け、この分野のパイオニアとして、全国の経営者からオファーが多数寄せられている。

主な著書に「経営者のためのウェブブランディングの教科書」「ウェブ担当者1年目の教科書」(共に幻冬舎)がある。 2015、2016年グッドデザイン賞受賞。


クリエーターに限らず、ビジネスマンや学生さんもウェルカムです。 ファンづくりの視点から、自分の仕事を有利に進めるコツに触れてみようと思います。

2016年の5月よりスタートしたトークイベント「考える種を蒔く人」ですが、このイベントをやろうと思ったきっかけは単純です。私の友人や、仕事でパートナーシップを組む方たちの話がとっても面白い、ということです。その話を自分だけ聞いていてはもったいない。多くの人にも紹介したい。そんな思いでこのイベントを企画してきました。

今年は実際に4人の方たちとトークセッションさせてもらい、純粋に本当に楽しかった! その意味では、私自身がゲストのみなさんの一番のファンなのかもしれません。

そんな今年の「考える種を蒔く人」を締めくくりたいと考え、今回はイレギュラーではありますが、ゲストなしで、今年の4人を振り返る回をやることにしました。しかし、過去の回に参加していない方にも分かる内容でお話します。

上記でも触れましたが、ご紹介する4人は、みなさんDIY精神にあふれるビジネスパーソンです。自分の仕事を自分で伝え、自分でファンを拡大している、力強い仕事ぶりをされています。

今は「自分の仕事や、自分自身のファンをつくること」が必要な時代です。新規営業や就活の場面でも、自分の価値を相手に伝えることの重要性は、増しています。独立系のクリエーターはもちろん参考になると思いますが、その意味では、会社員も、学生さんにも、ぜひ遊びに来ていただきたいです。

肩肘張ったセミナーではなく、ビールを飲みながら楽しく学ぶ、というのが主旨ですので、お友達お誘い合わせの上、気軽にお立ち寄りください。お待ちしています!

【イベント概要】
日時: 12/6(火)  18:30開場 19:00開演
料金: 一般1,500円/学生1,000円(1ドリンク付き)
定員: 30名

クービック予約システムから予約する※クリックすると「CUBIC」予約システムサイトに移動します。